まいどあり~♪

っておい!
f0128930_17090984.jpg
GX7+G20mmII
# by kotapunch | 2019-03-14 17:09 | ぽつん | Comments(2)

光のどけき

いい天気の日には外で遊びたい。
東京の人もそう思うのかな?
f0128930_18022699.jpg
GX7+G20mmII
# by kotapunch | 2019-03-12 18:04 | ネコ | Comments(6)

はるさめ前線

なかなか洗車ができません。
f0128930_18085083.jpg
GX7+G42.5mm
# by kotapunch | 2019-03-04 18:47 | Image | Comments(2)

dog yearなのか?

2015年発売のPepper。1999年にはaiboなんてのがありました。この手の物ってすぐに陳腐化してしまいそうに感じるのは何故なんでしょう。電子機器だから?プラスチッキーだからかな?
f0128930_19530922.jpg
GX7+G42.5mm
# by kotapunch | 2019-03-02 19:39 | monologue | Comments(4)

あふれる想い

秒撮スナップを趣味にしていると、常用するレンズの焦点距離は自ずと画角が肉眼に近い標準域になってきますが、たまには望遠で背景をぼかした写真が撮りたいな~という気持ちもふつふつと湧いてくるわけです。

思い起こせばコンデジから一眼に変えたあの頃、何故一眼じゃなくてはダメだったのかと言えば、その理由はボケにあったわけで。

写真のボケには不思議な魅力があります。
肉眼でモノを見る時、対象物の周辺はボーっとしていますが、そのボーっを直視しているわけではなく、うっすらとしか見えていない。
ところが写真のボケっていうのは、対象物(ピントが合っている部分)と背景(ボケ)が同時に見えてしまう。
ボケはボケとしてクッキリ見えてしまうので、新鮮に感じられるのだと思います。
これは逆に言うと、写真で表現できる立体感、臨場感の限界とも言えるでしょう。
f0128930_00045267.jpg
GX7+G42.5mm
# by kotapunch | 2019-02-28 00:35 | Image | Comments(2)