人気ブログランキング |

作例と作品の間

ただ見て撮っただけの写真と、作品と呼ばれる写真の間には
のっぴきらない差異が存在すると思います。
それは被写体を記号化、あるいは抽象化できているか否かではないでしょうか。
説明的でなく、絵画のように観る人の想像力がちょっぴり必要になるような。
そして記号化するために、余白や色数などが重要になってくるのではないかと。
f0128930_15482131.jpg
E-PL2 + G20mmF1.7
by kotapunch | 2012-03-02 16:15 | 写真考 | Comments(6)
Commented by trial05 at 2012-03-03 00:01
ウンウン・・・作品を撮りたいなぁ~と、思う毎日であった。(ーー;)
Commented by kotapunch at 2012-03-03 00:27
やっぱね、チャレンジは必要ですよ(汗)
Commented by hattivatti at 2012-03-03 23:26 x
この場面にピンクの傘はナイスですね。
私もチャレンジして「作品」を撮りたいです^^
Commented by kotapunch at 2012-03-03 23:50
hattivattiさん、ども〜♪
以前Flickrのcontactの人がちょうど同じ色の傘の印象的な写真を撮ってまして、即反応してしまいました。
Commented by ray930 at 2012-03-09 16:26
コレは・・色味がすごく綺麗ですけど偶然ですか?もしかしてピンクの傘が通るまでじぃーっと待ってた…とか?
余白、余白、っと。想像力、だいじですよね~w
私は日々、妄想で鍛えてまっす(*^_^*)(違うって)w
Commented by kotapunch at 2012-03-10 01:04
ray930さん、ども〜♪
ここで撮ろうと数日前から当たりを付けてまして、
たまたま雨の日に時間が取れたもので…
<< color coordinate 猫はこたつの外で丸くなる事が多... >>